格安で引越しをするテクニック|新しい街へ繰り出す

転居と大型家電

作業員

冷蔵庫の引っ越しには、引っ越しを専門とする業者か宅急便会社を利用するのかを他の荷物の有無に応じて決めます。取り扱いに注意が必要な冷蔵庫は、引っ越しの際の破損を避けるために業者を積極的に利用するように注意しましょう。

もっと見る

一人暮らし向きの方法

男性

単身者向けの引っ越しプランは、作業担当者の人数やトラックが最小限となるため、費用を抑えられるメリットから需要があります。また、単身向けの引っ越しプランは提供している業者によって料金は異なっています。ですから、料金を比べないよりも比べた方が費用の負担を下げられます。

もっと見る

費用を賢く抑える方法

作業員

業者に頼むのが一番安い

引越しをする場合、誰でも料金を出来るだけ抑えて、格安で全ての手配をしたいと考えると思います。そのためには自分で何かできることは無いかと、レンタカーを借りて運べるものは自分で運んでしまおうとします。ところが、実はあまり意味がなく、むしろ引越し業者に全てお任せするよりも、余計に費用が掛かってしまうのです。格安で引越しを行うためには、一度にまとめて業者に全てをお任せするのが最善と言えます。格安の引越し業者であれば、レンタカーを借りるよりも安い金額で頼むことが出来ますし、何よりも運搬のプロのなので、安心して重いものの運搬をお任せ出来ます。また、段ボールの手配や割れやすい物の梱包についてのアドバイスも貰えるなど、便利なことも非常に多いです。

荷物を把握することが重要

引越しにかかる料金を抑えるためには、業者選びが最も重要になります。ところが、業者によって料金が異なるのは、運搬車両の容量が異なるため、一概にどの業者が一番安いとは言えません。ではどうすれば適切な業者を選ぶことが出来るかというと、まずは全ての荷物がどれだけあるのか、しっかりと把握することから始めましょう。引越しにかかる費用は、荷物が少なければ少ないほど少額になりますが、これを言い換えると、荷物を運ぶ車両が小さいほど費用が少なくて済むということです。つまり、比較してその業者が最も格安料金だったとしても、大きい容量のトラックしかなければ意味がありません。もしかすると一回り小さい容量のトラックを持つ業者に頼む方が安くなる場合もあります。引越しのときには、出来るだけ荷物の量を減らすことを考えて、どれだけの量になるのか、正確に把握するようにしましょう。

比較して考える

案内

引っ越しをするときには大きな費用がかかります。会社によって金額が大きく異なることが多いので事前にしっかりと見積もりを取ることが大切です。特に特別なものを運ばなければいけないような時にはオプション料金に注意をする必要があります。

もっと見る